フリーエンジニアのキャリアと転職の傾向

フリーエンジニアは多くの仕事を請け負っていくことによって高年収となれることから人気が高い。企業に勤めるのに比べると、営業活動を行うことで仕事を探さなければならないということや、納税や保険等について自分で処理をしなければならない大変さはある。特に高年収となっても所得税を減らさなければ目減りしてしまうことから、青色申告をする等の適切な対応を学んでいかなければならないことはしばしば大きな課題となる。しかし、そういった苦労を重ねることによって巨万の富を稼ぐことも可能なのがフリーエンジニアである。

しかし、比較的若くて経験のある人材が重宝される傾向にあることから、30代がその絶頂となる年代であると認識されている。そのため、まだ求人募集のある30代の後半から40代前半までをタイミングにして転職を考える人も多い。フリーエンジニアとしてのキャリアはIT業界においては重宝される傾向がある。特にプロジェクトの立ち上げから完了までを全て担うことができるという観点から、管理職に近いポジションでの起用が多く、プロジェクトリーダーやコンサルタントとしての需要が高い。こういった人材募集を見つけるのはしばしば難しいものの、転職エージェントを介して企業を紹介してもらうことによって比較的容易に転職先を見つけることができる傾向にある。また、特定の企業とのつながりを強めておくことによって、その企業に転職することができる場合もある。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です