高収入を目指せるフリーエンジニア

IT業界で働くシステムエンジニアとして企業で活躍した後、フリーエンジニアとなって独自の路線を歩む傾向が強まってきている。この背景となっているのはエンジニアの給料の問題が大きい。システムエンジニアとして働いているとせいぜい年収で600万円程度となるのが典型的であり、それ以上の高収入を得られる人材というのは限られてしまっている。世界との開発競争の日々を送る厳しい現場にいながら、それ以上の高収入を望むのが難しいという点が辛く感じられる人も少なくない。そういう人たちにとってフリーエンジニアは魅力的なのである。働けば働くほど収入が大きくなるため、効率的に働いていけば年収を1000万円に届かせることも夢ではないからである。

できる限り稼ぎたいと考えてフリーエンジニアになった場合には特に収入を増やすだけでなく、実際の手取りの額を増やすことも考えることが大切になる。所得税等の税金を減らす努力を惜しまないようにしなければせっかく働いた意味がなくなってしまうだろう。仕事の合間を縫って節税については学んでいくのが良いだろうが、開業届を出す時点から知っていた方が良いこととして確定申告には白色申告と青色申告があるという点である。青色申告の承認を得ておき、適切な帳簿の準備を行って青色申告を行うことによって年間65万円の控除と共に経費を扱う上での様々な優遇措置を受けることができることから忘れてはならない節税方法なのである。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です