企業勤務とフリーエンジニアとのギャップ

IT業界においてエンジニアとして生計を立てていくには大別すると2つの方法がある。1つは企業に勤めて職種に応じた仕事を担っていくというものであり、もう1つはフリーランサーとなって企業等からの依頼を受けて仕事を行っていくというものである。フリーランサーとなる道を選ぶ際には、一般的には一度企業に就職してから独立するという道を通ることが多く、その両者のギャップを痛感することも少なくない。フリーエンジニアとなると企業によって行ってもらえていた様々なことを自分で行わなければならなくなるからである。

仕事の上では企業では基本的には与えられたある程度の枠組みの中で仕事をしていればよかったものの、フリーエンジニアとなるとその枠組みを考えるところから始めることになる。自分でどういう仕事を担っていくかを考え、その仕事を獲得するところから全てが始まるのである。その契約等の手続きや、仕事が終わった後の納品に関わる書類手続き等も一手に担わなければならない。一方、そういった直接の仕事の外側を見るとよりギャップが大きくなる。福利厚生が失われるため、保険への加入を見直さなければならない。また、納税を自分で行うため確定申告について勉強する必要が生じる。特に白色申告と青色申告の違いについて理解し、青色申告を行えるようにすることがフリーエンジニアとして稼ぐためには重要になる。こういった雑務がフリーランサーには必要になるのである。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です