高収入のフリーエンジニアと節税の観点

フリーエンジニアとして仕事をするメリットとして、企業に勤めているよりも高年収を期待することができるということである。企業ではどれだけ働いても、残業手当等の諸手当分を除けばそれほど大きく給料が変化しない。しかし、フリーエンジニアとして働く場合には、多くの仕事を請け負って働けば働くほど多くの報酬を手に入れることが可能であり、その金額も交渉によって増やすことすらできるものなのである。

その年収はどれだけ高額の案件を受けられるかや、どれだけ仕事を多くこなしていくかによって大きく変わる。一般的な受託案件を年間を通して受け続けられたとすると、報酬の月額として50万円から80万円程度が相場となっていることから、年収として600万円から1000万円程度を期待することができる。多数の仕事を請け負っていけば1000万円を越えることもそれほど無理な話ではないのはこういった高額さを考えると容易に理解できるだろう。最近は、『フリーエンジニア高額案件情報センター』のようなフリーエンジニア向けの案件サイトもあるので、そちらを活用するのもいいだろう。

一方、フリーエンジニアとして働いている場合には、実際の技術者としての仕事に加えて経理も担わなければならない。毎年の確定申告はその典型的なものであり、高収入であるために税額も大きなものになるため適切な方法によって節税を行うことが大切になる。青色申告を行うことによって控除を受けられる項目を増やすことは重要な観点であり、複式簿記による帳簿作成を行うことで65万円の控除を受けることも忘れてはならない点である。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です